私は5年間住み込み修行をして、
着物を仕立てる職人としての技術を身につけました。
  • 和裁一級技能士(国家検定)
  • 一級和裁(商工会議所)
  • 職業訓練校指導員
などを持っています。
私の習ってきた技法(?)は「男仕立て」といって、
あぐらをかき足の指を「くけ台とかけ針」替わりに使います
(足の指で布を挟みます)。
この格好は見る人を驚かせるらしく、
デパート等へ実演に行った時などジロジロと見られました:*o*:
それでもって運針をする時、
リズムをとる為に首が左右にふれてしまうので、
遠くから見るとかなり怪しい人になります。
(でもこのリズムが肝心なのさー!!)
この5年間は今まで人生の中で一番頑張った期間となりました。